MENU

好きだけど別れる【復縁する方法】男性心理がわかれば復縁できます

当ページのリンクには広告が含まれています。

好きだけど別れると、復縁することはもう無理だと思っている人も少なくありません。

なぜ好きだけど別れることになったかは、私は会社の上司と不倫をしていたからです。

絶対に彼と結婚できると思っていたのですが、突然、彼から「別れようと」告げられました。

どうして良いかわからず混乱していましたが、最終的に彼との復縁に成功しました。

その復縁方法と、復縁までの道のりを教えします。

もし私と同じように好きだけど別れる状況になっていたら、復縁の参考にして下さい。

目次

別れてすぐは復縁のタイミングではない

別れることになり焦って復縁を迫る女性が多いですが、男性心理として別れてすぐに復縁したいと思う男の人はあまり多くありません。

このことを知らずに、自分のタイミングで復縁しようとすると私のように失敗してしまいます。

この好きだけど別れる男性心理は単純なものではなく、理由はその人によって違います。

「どうして別れるの?」

「もう一度やり直さない?」

とすぐに復縁のアプローチをしてはいけません。

男性が好きだけど別れる決断をしたとき、復縁するには2つの大事なことがあるからです。

好きだけど別れるシチュエーションになったら、男性の心理をよく理解してください。

このことがわからないと、どんなに頑張っても復縁することはできません。

それでは次に、別れを告げる男性心理について説明します。

好きだけど別れる…男性心理がわからない

なんで好きなのに別れるの?女性としては全く理解できませんよね。

女性が好きだけど別れるのは、将来の不安や彼の浮気など明確な理由がある場合が多いです。

ですが好きだけど別れる男性心理は、女性心理と異なる部分があるので注意が必要です。

男性が好きだけど別れる理由としては、いくつかのパターンに分類できます。

付きあうと情熱が落ち着いてしまう

良くある別れるパターンに、彼があなた(彼女)に対して以前のような好きという気持ちが薄くなり別れをきりだすことがあります。

これには男性心理が関わっていて、基本的に男性は付きあってある程度の時期がくると、付き合う前の情熱が落ち着いてしまうのです。

女性は時間を共有するほど好きな気持ちが強くなりますが、男性は逆に最初に好きという気持ちが強く徐々に落ち着いてきます。

付き合って暫くたちマンネリしているなと感じたら、彼が好きだけど別れると考えるサインになります。

私もそうだったのですが、昔に比べて会話が少なくなったり、男性が昔より楽しくなさそうだったら注意してください。

これは男性の深層心理的なもので、あなたのことを嫌いになっているわけではありません。

ですがこのマンネリの状態が続くと、男性は恋愛に飽きてしまい好きだけど別れる選択をすることがあるのです。

これが理由で好きだけど別れた場合、復縁には彼の気持ちがあなたに向いているかが大事になります。

もしまだ彼があなたのことを好きならば、あなたが彼の想いを理解してあげることで復縁はできるでしょう。

楽しそうに会話をする、彼の好みに合わせるなど、できることはたくさんあります!

マンネリは好きだけど別れる理由になるので、彼を飽きさせない努力をすることも忘れないでくださいね。

束縛が強すぎる

男性心理として、男性は追われるよりも追うことを好みます。

そのため先ほど説明したように、意中の女性と付きあうと落ち着く時期が必ずきます。

この落ち着いた時期が不安に感じて、あまり束縛しすぎると男性は恋愛が辛いと感じて好きだけど別れるという選択をすることがあります。

私もそうだったのですが、彼が離れないかと不安になり、常に監視するような行動をとると男性の気持ちが離れてしまいます。

彼のことが好きなのはわかりますが、あまり束縛し過ぎると彼も好きだけど別れようかなと思ってしまいます。

適度な距離感を持つことが、男性にとって落ち着く距離になります。 (もちろん個人差はありますが、束縛を嫌う男性が多いのも事実です。 )

この男性心理がわからず、距離感が近すぎて重い彼女にならないように注意してください。

お母さんにならないこと

そして良くあるパターンに、付き合うと何でもしてくれる女性もかなり多いです。

女性心理と母性本能が関係しているのですが、これは男性心理からするとあまり好まれる行為ではありません。

特に自立心の高い(プライドが高い)男性は、子ども扱いされることを嫌がります。

お母さんのような存在を望んでいない男性は、彼女のことは好きだけど別れるという決断をする可能性が高くなります。

彼を信頼して、彼がやりたいことや、自分でできることは極力彼にやらせてあげましょう。

心理的に男性は彼女に自分の価値を見出してほしいと考えています。

彼に尽くしてあげたい気持ちもあるのでしょうが、それだけでは上手な恋愛とは言えません。

ときには彼のやりたいようにさせるなど、彼の自立心を仰ぐような行動をしてみてください。

あまり彼を否定しすぎない

男性は繊細で、心が傷つきやすい人もかなり多いです。

特にプライドが高い男性(そうは見えなくてもプライドが高い男性が多いです)は、自尊心を傷つけられると好きだけど別れる選択をするケースが多いです。

彼のことを否定することが多い女性は、別れるリスクが高いので注意してください。

男性は、男性心理として自分を肯定してくれる女性に好意を持ちます。

否定的な女性とは将来が考えられないと感じ、今は好きだけど別れる方向に心が向いてしまう可能性も高くなります。

彼を適度に褒める、彼のやってことを肯定するなど、彼の気持ちを考えた発言をしてあげましょう。

あまりに構わなすぎる

男性によっては、かまってちゃんの男性も意外と多く、このタイプは構わないと寂しさで好きだけど別れる選択をすることがあります。

彼がもしいつも一緒にいたがるタイプなら、かまってちゃんの可能性があるので、彼の心をしっかりと繋ぎとめる努力が必要です。

面倒なタイプと感じるかもしれませんが、このタイプの男性は一緒にいれば良い旦那になるケースも多いのが特徴です。

嫉妬心が強い

ジェラシーは女性だけにあるものではなく、当然、男性心理にも嫉妬心は存在します。

特にプライドの高い男性に多く、彼女が他の女性と話すだけで機嫌が悪くなる子供のような男性も意外と多いです。

こうした嫉妬心が強い男性は出来る限り「あなただけを見ているのよ」をアピールすることが重要です。

復縁できる!もう一度彼とやり直す方法

好きだけど別れて辛い・・・復縁はできないのでしょうか?

別れてから復縁することは簡単ではありませんが、男性心理を理解することで復縁することは可能です。

復縁できる可能性が高いケース

復縁は難しいと思うかもしれませんが、方法しだいでは、別れてしまった元彼とも簡単に復縁できる場合があります。

復縁の可能性が高いケース
  • ケース1:お互いに好きな気持ちがあったけど仕方なく別れた
  • ケース2:別れたあとも連絡を取っている
  • ケース3:別れたあとにやっぱり好きだと気づいた

彼氏もあなたもお互いのことを好きだったけれど、事情があって別れてしまったというケースは、最も復縁しやすいと考えられます。

また、別れたあともなんとなく連絡を取り合っていたり、連絡が来なくても着信拒否やLINEブロックなどされていないなら、復縁の可能性も高いでしょう。

そしてあなたが元彼をフッた、あるいは元彼からフラれた立場であっても、やり直したいという強い気持ちがあるなら復縁することはできます。

別れた理由について謝罪する

好きだったけれど彼氏を振ってしまった。 もしくは好きだった彼に振られた。

それには何かしらの理由があったはずです。

まずは、別れる理由となったことについて誠心誠意謝ることで元彼と復縁できる可能性をあげられます。

別れたからもう遅いよねと諦める必要はありません。

もしかすると彼もあなたとやり直したいと思ってくれているかもしれません。

復縁を悟られず連絡を取り続ける

効果のある復縁方法として、「復縁したいと悟られず連絡を取る」方法があります。

この場合重要なのは元彼との連絡手段があること、そして元彼にメールやLINEを送ったら返事をくれたり、2人きりで食事など行けるかどうかでしょう。

別れたときに友達に戻った、元彼と何度か連絡を取っているという女性は、復縁したい気持ちを隠したまま元彼と連絡を取り続けてください。

男性心理は追われると逃げてしまいますが、反対に逃げられると本能から追ってしまうものなのです。

友達以上恋人未満の気持ちがあるとアピールしつつ、でも復縁したいとは言い出さない、そんな焦らす方法で元彼の気持ちに火をつけましょう。

別れる前とは違う自分を見せる

別れる前の嫌な自分を捨て、良い方に変わったということをアピールすると、元彼もあなたと別れなければ良かったと悔しがってくれます。

例えば別れる前はボーイッシュな恰好が多かったなら、別れたあとは女性らしい見た目にイメチェンして「こんなに綺麗だったんだ」とびっくりさせましょう。

別れる前に元彼からよく指摘されていたところを直すのもいいですね、そうしたあなたの行動から元彼も復縁したいと感じるようになります。

別れても冷却期間を置けば復縁できる確率が高い

別れても冷却期間を置くことで、復縁できたというカップルは意外と多いです。

別れた時は感情的になってしまったとしても、時間が経つと反省して自分の悪い部分もわかってくるからです。

特にある程度の期間を共にしたカップルの場合、別れたとしても冷却期間を経て復縁できる可能性がとても高いです。

それだけの時間を共有しているのですから、あなたと彼の運命はそう簡単に切れるものではありません。

別れたからと諦めないで、冷却期間を置き彼との復縁に備えて下さい。

復縁を成功させる方法

復縁を成功させるには、正しい行動をすることが最も重要です。

そのために彼の今の気持ちやタイミングを知ることがとても大事になります。

自分都合で復縁を迫り、「私は復縁のために努力しているのにどうして上手くいかないの?」と深く悩んでしまう方が多いです。

私も同じような失敗経験があるので理解できるのですが、彼の気持ちを考えずに行動すると復縁は成功できません

タイミングを見極め、別れた原因などを反省して真摯に接することで復縁を成功させることができます。

ですが復縁のタイミングや彼の気持ちは、そう簡単にわかるものではありません。

理解が難しい男性の気持ちですが、理解して復縁できれば以前の何倍も愛してもらえます

男性の気持ちを理解するには、電話占いに相談するのが確実です。

占いを信じない方も多いと思いますが(私もあまり信じていないほうでした)、本物の占い師は相手の気持ちがわかり適切なアドバイスをもらえますよ。

復縁に必要なことをアドバイスしてもらうメリット

わざわざ復縁のアドバイスをしてもらうのはメリットがあるからです。

復縁に失敗する人は、早く復縁したいばかり考えて正しい行動をとれなくなります。

間違った方法では、もちろん復縁が上手くいくわけがありません。

私の例ですが、占いの結果、まず私の嫉妬や束縛に彼が疲れてしまったことが彼が別れを決意した原因だから、それを改善することから始めるように言われました。

彼と復縁するためのアドバイスや連絡の方法、復縁のタイミングを丁寧に教えて頂きました。

復縁のタイミング
  • 彼の気持ちを考えて行動すること
  • 自分の気持ちだけを押し付けないようにすること

この2つを意識して復縁すれば、上手くいくと言われました。

正直、不安はありましたが、先生の言う通りにしていたら、本当に彼と復縁に成功することができたのです!

彼も私が反省したことがわかり、また一緒に生活したいと考え直してくれたようです。

別れる理由はいくつもあるように、復縁のきっかけも一人一人異なります。

他人が成功した方法だからと言って、必ず復縁に成功できるわけではありません。

きちんと別れた原因を理解して、復縁に向けて準備をすることが成功の秘訣になります。

自分ではどうすれば良いかわからないという人も多いともいます。

アドバイスをもらうことで、精神状態が楽になりますし、落ち着いて対処できるようになります。

>> 復縁のアドバイスをしてもらう

彼の気持ちを知ることで復縁の自信がつきます

復縁成功で大事なことに、彼があなたのことをまだ好きでいるのかもあります。

もし彼の気持ちがあなたに向いていない時に復縁を迫っても、残念ながら失敗する可能性が高くなります。

愛し合っていたのだから、絶対に彼は戻ってくると思ってはいけません。

そう思いたいのですが、人間の気持ちはずっと同じではありません。

運命の人でさえ、気持ちにズレがあると別れてしまうのです。

ですが、人は思い出を振り返る生き物なので、一時的にあなたから気持ちが離れても、またあなたのことを考えるタイミングが必ずあります。

そのタイミングを逃さなければ、彼との復縁はきっとうまくいきます。

逆に、あなたに気持ちが向いていないタイミングで復縁を迫っても、彼は首を縦に振ってはくれないでしょう。

復縁に失敗する人は、彼の気持ちが戻っていないうちに焦って復縁しようとしてしまいます。

復縁しようと焦る理由
  • 別れている間に新しい恋人を見つけるのではないか
  • すぐに復縁を迫らなければ私のことを忘れてしまうのではないか

こうした不安があるからです。

彼を信じたいけど、もう自分のもとに戻ってこないのではないかと不安は募るばかりです。

その気持ちはわかりますが、焦って行動をしても良い結果になることはありません。

ですが彼の気持ちを待っているだけでは辛いですよね。

私も彼のことを考えて、一人部屋で泣いている時間が多かったです。

彼はもう私のことを忘れたの?嫌いになったの?など悪いことばかり考えていました。

ですが占いで彼の今の気持ちを知ることで、次に行う復縁の準備につなげることができました。

>> 彼の気持ちを占ってもらう

人生はたった一度しかありません。

大好きな彼と別れたまま後悔して過ごすのではなく、彼との寄りを戻して幸せな生活を送るために万全の準備をしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次